スクールの特色 レッスンシステム スケジュール 店舗案内 南米民族楽器 楽器ショッピング
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 南米民族楽器 (ケーナ、サンポーニャ、チャランゴ)

ケーナ

南米アンデスで先住民に受け継がれてきた縦笛です。
ケーナはアンデスを代表する民族楽器でフォルクローレの演奏に欠かせません。
「コンドルは飛んでゆく」の哀愁ある美しい音色でおなじみです。
最近では、フォルクローレにとどまらず、ボサノバや日本の音楽などさまざまジャンルの音楽も演奏されています。
口とUやV字型のエッジの間の空気が上下に振動して音がでます。
構造は日本の尺八とほぼ同じで、「風の音色」と表現されるように、やわらかみのある音、伸びのある高音が魅力の楽器です。

 

サンポーニャ

南米のアンデスで先住民に受け継がれてきた民族楽器です。
長さの異なる筒状の竹を並べて音階になるようにしています。
これを、ビンを吹く要領でボーと鳴らします。
大きさがいろいろあり、1m以上あるトヨスからサンカ、マルタ、10Cmくらいのチュリなど大きさによって名前がついています。
通常、2列で、上下に移動してドレミファ音階になっています。また、半音をいれた3列のものもあります。
森の中で奏でると、鳥たちが集まってくるといわれています。

チャランゴ

チャランゴは、マンドリンやウクレレに似た弦楽器です。
スペインが16世紀に南米に入ってから発明された比較的新しい楽器です。
昔はアルマジロで作られましたが、現在は木製が主流です。
ギターよりも高音部が高く、哀愁を帯びた音色が世界中で愛されています。
ケーナとの伴奏にかかせない、フォルクローレを代表する楽器の一つです。

http://pukio.jp
Copyright(C) 2005@Pukio.All Rights Reserved

フォルケローレ音楽教室・Folklor Music School PUKIO